【体験談】中出しされた後どうなる?!正しい避妊方法を解説!

子供を望んでいなければ避妊してセックスをおこないますよね。しかし、間違って男性が「中出し」をしてしまった場合どうしていますか?「中出し」されると妊娠の可能性があるため、パニックに陥る女性も多いです。その場合、慌てる前に正しい対処法を実行して妊娠の確立を下げることが大事です。そこで、今回は中出しされた時の正しい避妊方法を紹介します。いざという時に役立つ情報も満載ですので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

中出しで妊娠する確率は?

率直に言います。

中出しで妊娠する確率は22%と言われています。

性行為の頻度にもよりますが、5回に1回以上は望まない妊娠をする可能性があります。

一方で避妊方法であるコンドームや、女性が服用する低用量ピルの妊娠率は次のようになっています。

各避妊方法による妊娠確率

避妊方法妊娠の確率
中出し22%
コンドーム18%(2%)
低用量ピル9%(0.3%)

それぞれ正しく使用できていれば妊娠の確立は抑えることができます。

100%妊娠しない方法は性行為をしないことしかありませんが、それはあまり現実的とは言えません。

だからこそ不確実な外出し(膣外射精)ではなく、正しい知識をもってお互いができるコンドームやピルといった避妊方法を選ぶことが望まれます。

【関連記事】こちらから▽

中出しされた後の対処法

  • アフターピルを服用する
  • 銅付加IUDを装着する

性交前から対策するのが望ましいですが、中だしされた後でも受精・着床し妊娠が成立するまでに避妊する方法があります。

「緊急避妊法」といい、避妊せずにおこなった性交や、避妊したものの不適切かつ不十分な場合に使用されます。

緊急避妊法は2種類にわけられます。

アフターピルとは?

アフターピルは、性交後72時間以内に内服する経口避妊薬です。

緊急避妊薬ともよばれています。アフターピルの主成分である黄体ホルモンには卵子の排卵を抑制したり、
子宮内膜を剥がして受精卵の着床を阻害したりする作用があります。

アフターピルはIUDに比べて手軽に使用できるため、よく利用される緊急避妊法です。

メリットデメリット
緊急避妊効果がある72時間を超えると効果減少
処方箋なしで入手が可能な場合がある適切に診断できない
ホルモンバランスの影響が低い短期的な避妊効果

銅付加IUDとは?

IUDは子宮内避妊具(Intrauterine device)の略で、子宮内に装着する小さな器具です。

一度装着すると、数年間避妊が可能になります。
IUDに銅イオンを付着させると、銅が受精前の精子の運動を妨げるため受精できなくなります。

また、受精後にも効果があり、銅付加IUDを子宮内の異物として体が攻撃するため妊娠が成立しにくくなることが確認されています。

銅付加IUDの装着には産婦人科を受診する必要がありますが、
性交後120時間以内の挿入でも効果が確認できており、アフターピルの内服時間をすぎてしまった人にも効果が期待できます。

メリットデメリット
緊急避妊効果がある120時間を超えると効果減少
正しい情報で適切に診断できる産婦人科の受診が必要
長期的な避妊効果妊娠する時、IUDの取り外しが必要

【関連記事】こちらから▽

アフターピルには3種類の薬がある

多くの人が緊急避妊に利用するアフターピルは、いずれも性交後になるべく時間を空けずに内服したほうが効果的です。

代表的な3つのアフターピルを紹介します。

アフターピル

・ノルレボ法
・レボノルゲストレル法
・エラ(国内未承認)

ノルレボ

ノルレボは効果が高く、一般的に処方されているアフターピルです。

ノルレボは性交後72時間以内に1錠を内服します。

ノルレボには卵子を育たなくする働きだけでなく、内服すると5~7日間排卵を起こさないようにする作用があります。

排卵が起こっていない期間に中だししても、精子は受精能力を失うため避妊できるのです。

「ノルレボ」の効果の高さ

性交後の経過時間妊娠阻止率
24時間以内95%
25時間以降48時間以内85%
49時間以降72時間以内58%

性交後48時間以内なら、ノルレボの妊娠阻止率はかなり高いことがわかります。

しかし、どんなに効果の高いノルレボでも100%の妊娠阻止はできないので、可能な限り性交前から避妊をおこなうようにしましょう。

アフターピル「ノルレボ」の副作用

・頭痛
・眠気
・出血
・めまい
・倦怠感

ノルレボは、服用後にだるさ、吐き気、頭痛、めまいが起こることがあります。

しかし、これらは一時的なもので24時間以上続くことはありません。

また、服用後に不正出血を起こす場合があります

この出血は、消退出血の場合、避妊に成功した可能性が高くなります。

一方、妊娠時に起こる出血の場合もあるので注意が必要です。

レボノルゲストテル

レボノルゲストレル錠の服用効果時間は、行為後72時間(3日)以内です。

行為後72時間以内に服用することにより避妊効果を期待できます。

行為後からの服用が早ければ早いほど高い避妊効果を期待できるのも特徴です。

できるだけ早いタイミングで服用することをおススメします。

アフターピル(レボノルゲストテル)の副作用

・吐き気
・めまい
・眠気

・頭痛
・消退出血

レボノルゲストレル錠の副作用には消退出血や吐き気、眠気、頭痛、めまいなどがあり、

特に消退出血や吐き気、頭痛が副作用として多く見られます。

ちなみに消退出血は子宮内膜が剥がれて起こる出血です。

一般的には重い副作用が生じる可能性は低く、時間の経過とともに治まる傾向にあり、

副作用が重篤化するケースはほとんどないといわれています。

エラ(国内未承認)

エラは日本では未承認ですが、海外では高い安全性と妊娠阻止率が確認されているアフターピルです。

性交後5日(120時間)以内に内服すれば避妊できます。

エラを取り扱っているクリニックもありますが、厚生労働省の認可が下りていない薬のため、処方してもらう際は医師に相談して自己責任でおこないましょう。

アフターピル(エラ)の副作用

・頭痛、吐き気
・倦怠感
・腹痛
・生理痛
・めまい

中でも注意が必要なのは、吐き気による「嘔吐」です。


服用後3時間以内の嘔吐だと成分が十分に吸収されず、避妊効果が期待できない場合があります。


その場合は追加でもう1錠の服用が必要です。

心配な場合は市販の吐き気止めを服用したり、
あらかじめ2錠処方を受けたりして対処しておきましょう。


また、エラを服用して7~10日で消退出血が起こることがあります。

消退出血は厳密には副作用ではなく、避妊成功の目印です。


アフターピル服用の時期によっては消退出血が起こるため、服用後はナプキンを付けておくと安心です。

アフターピルを入手する方法は?

アフターピルはドラックストアやコンビニなど小売店では販売されていません。

手に入れるためには産婦人科や病院を受診し、診断を受けた後に処方してもらうのが一般的です。

ですが、なかには診断をためらう人もいると思います。

そんな時はオンラインサービスで貰うこともできます。

家から出ることなく、スマホ一つで手続きができます。

【関連記事】こちらから▽

オンラインクリニック料金一覧

DMMオンラインクリニック

お薬代料金(税込)
ノルレボ/1錠11,979円
レボノルゲストテル/1錠8,998円
エラ/1錠8,980円

マイピルオンライン

お薬代料金(税込)
ノルレボ/1錠12,078円
レボノルゲストレル/1錠10,978円
エラ/1錠10,978円

スマルナ

お薬代料金(税込)
ノルレボ/1錠11,700円
レボノルゲストレル/1錠9,480円
エラ/1錠

クリニックフォア

お薬代料金(税込)
ノルレボ/1錠17,600円
レボノルゲストレル/1錠9,680円
エラ/1錠

最後に

避妊方法には、薬を使うケースが多いので、正しい避妊方法を知り、誤った方法で服用しないよう気をつけましょう。

なんでも薬にたよらず、異性の方と行為をする際は、コンドームを男性に着けてもらうようにしてくださいね。

目次